活動activity

活動報告

小学校「不動産教室」(港区立港南小学校・芝浦小学校)開催報告

開催日: 令和元年7月9日(火)
場 所: 港区立港南小学校 体育館
対 象: 1年生(7クラス約230名)
開催日: 令和元年7月10日(水)
場 所: 港区立芝浦小学校 体育館
対 象: 1年生(7クラス約220名)

5年生(5クラス約180名)

開催日: 令和元年7月11日(金)
場 所: 港区立港南小学校 こうなんホール
対 象: 6年生(5クラス約200名)

 7月9日、10日、11日の3日間、当会では、港区立港南小学校、および芝浦小学校において、小学生(1年生・5年生・6年生)を対象とした、不動産鑑定士による「不動産教室」を開催いたしました。不動産についての理解を深めてもらうと同時に、不動産鑑定士を身近な存在として知ってもらうことを目的とした当授業は、当会が所在している港区において広報委員会を中心に昨年度から実施しているもので、今年で2年目となります。

 1年生の授業では、公式キャラクター・アプレイざるちゃんとコンさるくんのマリオネット人形が不動産やマンションでのルール等を説明する映像の上映からスタート。その後は、学校と近隣の公園の土地の広さを比べるクイズ等を盛り込みながら、不動産とは、土地・建物とは何かということを分かりやすく解説しました。また、児童の大半がマンション居住という地域的な特徴にあわせ、マンション共用部分でのルールやマナー等の説明も盛り込んだ内容とし、自分のマンションの管理規約を確認してみようといった点にも触れ、各家庭でも保護者と授業の内容について話ができるような構成としました。最後には公式キャラクターによるダンスユニット・Ayumi&Monkeysも登場、「不動産鑑定士の歌」に合わせ児童と一緒にダンスするなど、楽しみながら不動産を学ぶ児童の姿が見られました。

 5、6年生の高学年を対象とした授業では、昨年よりもさらに専門的な内容も取り入れた授業とし、不動産の特徴や、不動産の価格の決まり方を説明するとともに、その価格を導き出す不動産鑑定士はどのような資格であるのか、国家資格とはどのようなものなのか等の説明も行うなど、キャリア教育の要素も盛り込みながら、不動産鑑定士が鑑定評価額を導き出す際に用いる手法や、児童に身近なマンションの価格形成要因の説明も行うなど、より踏み込んだ内容の授業を実施しました。授業の最後に質問を募ると、児童からは、地下の空間は誰のものなのか、道路も売買されることがあるのか、人が住んでいない廃墟は誰が壊すことができるのか、といった質問があがり、不動産への理解の深まりと関心の高さが伺える授業となりました。

 当会では、8月にも、港南小学校において1・2年生を対象とした希望者向け夏期講座「じぶんの家について知ろう!」も担当することになっており、今後も若年層に向けた教育普及活動に積極的に取り組んでまいります。

 

【港南小(7/9)1年生】佐藤麗司朗会長と講師陣による挨拶

【港南小(7/9)1年生】小川委員

【港南小(7/9)1年生】Ayumi&Monkeys

【芝浦小(7/10)5年生】小熊委員

【芝浦小(7/10)1年生】木下委員

【港南小(7/11)6年生】栗原委員

 

ページの上部へ