活動activity

活動報告

品川区との「災害時における住家被害認定調査等に関する協定」締結について

tarea_品川区

 公益社団法人東京都不動産鑑定士協会と品川区は、平成29年10月31日(火)付で「災害時における住家被害認定調査等に関する協定」を結びました。

 今回の協定は、当協会が平成28年熊本地震の発災に際し、南阿蘇村にて行った住家被害認定調査等の支援活動の経験を活かし、首都直下型地震に備え、り災証明書発行に必要な住家被害認定調査業務及び区民の皆様からの相談等について、災害時及び平時より協力、連携するために締結をいたしました。

 本協定の具体的内容は、①区職員と連携した災害時の住家被害認定調査員派遣業務②り災証明書発行時における区民からの相談に関する業務③災害時における他の地方自治体からの応援職員に対する住家被害認定調査にかかる研修の3項目。

 当協会がこのような協定を締結するのは、、江戸川区西東京市に続いて3番目となります。当協会は今後も東京都と協調しながら都内各自治体と同様の協定締結を進め、首都直下型地震等の大規模災害に専門職業家団体として備えて参ります。

ページの上部へ